乳酸菌はお腹の中でなにをしてくれるのでしょうか?

乳酸菌はお腹の中でなにをするのか?どういう働きを持っているのか?
それを知るには、まず人間の腸の中を知る必要があります。

人間の腸の中には何兆という菌が住み着いています。
菌といっても全部がキタナイものではありません。
菌には、人間にとって健康に不可欠な「善玉菌」と、人間の健康を損なう「悪玉菌」がいます。
(その他に、善玉菌にも悪玉菌にもなる可能性のある「日和見菌」というものもあります)
この善玉菌と悪玉菌は、常に人間の腸内で勢力争いをしています。
健康な人の腸内では、善玉菌が優勢な状態になっています。
この善玉菌が優勢な時は、腸内は清潔に保たれていて、腸の運動も正常に行われています。
また、腸内の持つ免疫機能も正常に働いています。

ですが、ひとたび悪玉菌が優勢になってしまうと、悪玉菌が吐き出す毒素によって腸内は薄汚く汚れ、腸の活動も鈍ってしまいます。
また、腸の持つ免疫機能も低下してしまいます。
こうなると人間は便秘になったり、花粉症が重くなったり、原因がわからない体調不良になったりすることがあります。
こういう状態はできるだけ早く改善してあげないといけません。

このように、人間の腸内は善玉菌が優勢の状態にしておくことが重要なのですが、この善玉菌を支援し、元気づけてあげるのが乳酸菌なのです。
乳酸菌が人間の腸内に届くと、善玉菌と一緒になって悪玉菌と戦ってくれます。
そのため、たくさんの乳酸菌が腸内に届くことで、善玉菌が優勢の状態になり、腸の活動が正常な状態に戻ることができます。
そして、体調不良も改善される、というメカニズムなのです。

いかがですか?乳酸菌の大切さ、お分かりになりましたでしょうか。
乳酸菌を摂ることで腸内を元気にしてあげる。これが乳酸菌パワーの根源なのです。

ページトップへ