乳酸菌の摂取方法

便秘だから、花粉症だから、身体の調子がいまひとつ良くないから、
じゃあ乳酸菌でも摂るか!
と思って、おもむろにヨーグルトを食べ始めた人、
それはほとんど効果がありません!
というのも、「乳酸菌の種類」のページにも書いたように、ヨーグルトなどの食品に含まれている乳酸菌は、胃に入った途端ほとんどが死滅してしまうからです。

食品で乳酸菌を摂るのであれば、ヨーグルトよりもお漬物を食べたほうが効果があります。
というのも、漬物には植物性乳酸菌が豊富で、それらの乳酸菌は胃の中に入っても死滅せずに腸に届き、善玉菌を元気づけることができるからです。 特に京都の「すぐき漬け」は植物性乳酸菌がとても豊富なことが知られています。
とはいえ、今の時代、そんなに毎日お漬物を食べたりすることはしないですよね。
そうなると、乳酸菌を配合した健康食品やサプリメントを食べたり飲んだりするのがやはり効果的なのです。

乳酸菌を配合した健康食品も、「乳酸菌=ヨーグルト」というイメージが強いため、ヨーグルトの原料をベースにした食品がとても多いです。
ですが、これらは最初に書いたように、あまり効果が期待できません。
乳酸菌を本当に健康に取り入れたいのであれば、一度ヨーグルトの考えは忘れましょう。

便秘や花粉症、体調不良などに対して効果を発揮するのは、いちばんは先にも書いた植物性乳酸菌。
これは腸に届いて活躍する可能性がとても高いもので、効果が期待できます。
それ以外の場合は、有胞子性乳酸菌などはやはり耐性があるので、腸に届いて効果を発揮する可能性が高いです。
「人には人の乳酸菌」というコピーの商品もありますが、ヒト由来の乳酸菌であるから胃に入っても大丈夫、ということにはなりません。ご注意を。

そして、乳酸菌を配合したサプリメントでも、ただ乳酸菌のみを配合したものよりも、乳酸菌が腸内で活発に活動できるようにサポートする成分が入っているもののほうが、効果は高くなるでしょう。 例えば腸内をきれいに掃除してくれる食物繊維であるとか、善玉菌のエサになるオリゴ糖などを含んだサプリメントのほうが、便秘には効果的です。
また、鼻のムズムズに対して効果のある乳酸菌を配合したサプリメントもあるので、花粉症に悩んでいるのであれば、そちらのサプリメントを試してみるのがいいでしょう。
できるだけ症状にピンポイントで効果を発揮するサプリのほうが、単に乳酸菌を配合しただけのサプリよりも、効果を期待できるのです。

結論としては、

  1. 乳酸菌=ヨーグルトという考えは捨てる
  2. 食べ物だけでなくサプリメントをうまく使う
  3. サプリメントの説明書をよく読んで乳酸菌の種類を確かめる
  4. 単に乳酸菌を配合しただけでなく、サポート成分を含んだものを選ぶ
  5. 症状にピンポイントで効果を発揮するサプリのほうが効果を期待できる

ということになります。
乳酸菌を摂取したい時には参考にしてみてください。

ページトップへ