便秘と乳酸菌

「便秘に乳酸菌」というコピーがあるように、乳酸菌は便秘に対して強力な効果を発揮します。
そのメカニズムはどのようになっているのでしょうか。

人間が食べたり飲んだりしたものは、まず口の中で咀嚼され、胃に入ってきて胃酸によってどろどろに溶かされます。
その溶けた食物が腸に入ると、必要な栄養分が腸に吸収され、老廃物は腸の蠕動運動によって直腸に押し出されます。
そして、ある程度直腸に便が貯まると、脳に排泄の指示が出て、人間はトイレにいく、というのが基本的なメカニズムです。
つまり、人間がしっかり排便するためには、腸の動きがとても重要なのですね。

ですが、腸というのはとても繊細な器官で、ちょっとしたことですぐに動きが鈍くなってしまいます。 その原因はストレスだったり、食生活の乱れだったり、加齢だったり、様々。
特に大きいのが、腸内が清潔に保たれていないと、腸は動きがとたんに鈍くなってしまいます。
そうなると腸の消化吸収の活動や、蠕動運動が活発に起きないので、いつまでたっても食べ物が便として排泄されない、そういう状態が長く続くのが「便秘」と言われる症状になるのです。

つまり、腸内の活動を正常な状態にすることが、便秘の解消には最も大切なのですが、そのために最も効果的なのが、乳酸菌を摂ること。
乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌の活動を活発化させて、腸内を清潔にしておくことが可能になり、その結果腸の消化吸収運動や蠕動運動が活発に行われるようになって便秘が解消するのです。

このように、便秘を解消するためには腸内をいつもきれいにしておく必要があり、そのためには善玉菌を元気づける乳酸菌が大きな役割を果たす・・・という仕組みなのです。
便秘に対する乳酸菌の大切さ、おわかりになりましたでしょうか。

ページトップへ